トップページ > ニュース&トピックス > 第20回ジュニア・ジャーナリスト大賞 受賞

News&Topics 学校法人加計学園 岡山理科大学附属中学校・高等学校(中高一貫コース)


第20回ジュニア・ジャーナリスト大賞 受賞

NPO現代用語検定協会が実施している「第20回ジュニア・ジャーナリスト大賞」で応募総数2,068名の中から、大賞2名、入選2名の計4名が受賞しました。


大賞作品紹介
「ヒト」が作る「モノ」 / 高校2年 堀明日香
日本企業の不正行為が相次いでいる。たしかに不正をした現場は良くない。だが真の問題は、それをせざるを得ない環境にある。効率的生産や経費削減が現場を圧迫している。日本の「モノづくり」の信頼回復の鍵は、環境改善による「ヒトづくり」ではないだろうか。

「わたしとおなじ」 / 高校2年 植田彩乃
人の命を犠牲にしてまで手に入れたいものとは本当に大切なものなのか。他の国の人々も自分と同じように笑い、悩み、怒る人間であるということを北朝鮮政府は忘れないでほしい。家族と共にいる喜びや生命の大切さを全ての国の人々が感じられる未来を願う。


ジュニア・ジャーナリスト大賞とは
『子どもが選ぶ重大ニュース』の調査と『100字コラムコンクール』で構成され、子どもたちが今起こっているニュースにどのような関心をもっているかを、「現代用語能力検定」の受験者、学校や学習塾、ホームページを通じて調査・集計するものです。子どもたちの現代社会に対する関心や情報理解力を高めて、自己の考えを明確に表現する力の養成をめざして実施されているものです。